さとしちゃんの雑な理解ブログ

技術ネタ、備忘録、その他雑記。ぼちぼち更新していきたいと思います。

チームビルディングについて(性格診断ツールの紹介)

おはようございます。昨晩この記事を書くつもりが、いつの間にか寝てしまったさとしちゃんです。
今回はですね、職場で「チームビルディング」という言葉を耳にし、ふと、このMBTI(Myers-Briggs Type Indicator)ツールを思い出したのでご紹介したいと思います。
非管理職の駆け出しエンジニアの私にこのような有益な情報を共有してくださった、外資系保険会社で管理職をしている友人Mさんにこの場を借りて感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

チームビルディング

皆さん「チームビルディング」という言葉は良く耳にされるかと思います。しかし、そのために具体的に何か実施されていますでしょうか。
「キックオフミーティング」これはプロジェクト開始時などに実施されることがよくあるかと思いますが、チームビルディングとして「お互いをよく知る」といったことはなかなか難しいのではないでしょうか。
やはりチームとして最善のパフォーマンスを発揮するためには、衝突をさけるための相互理解は欠かせないかと思います。つまり、他者を肯定的に捉えることです。
そんな時に役立つのが「MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)」です。これをご存知の方は、あまり多くはないのではないかと思います。管理職であればご存知かも…

「MBTI」とは、ユングの心理学的類型論(Psychological Types)をもとに、1962年に米国のブリッグス(Briggs,K)とマイヤーズ(Myers,I)によって研究開発された、人と人との違いを知ってお互いに尊重しあうことを目的に作られた、類型論に基づいた、自己理解メソッドである。
(引用元: MBTI - Wikipedia )

世界的には実質、デファクトスタンダードらしいのですが、日本ではあまり耳にしないかと思います。(見当違いな発言をしていたら申し訳ございません。)
冒頭でお話した友人Mさんの会社では、このMBTIツールの診断結果であるアルファベット4文字が社員証に記載されており、有資格者によるMBTIのフィードバックが社員に対して行われているのだとか。
Mさんは管理職なので、別で研修を受けたりもあるそうです。大変そう…
今日はそんなMBTIツールである「16Personalities」を紹介したいと思います。

16Personalities

ここからは正直、話すことはあまりありません。(笑) 実際に体験して見てください。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities


公式の日本語ページをご紹介しました。質問数は100問程度、回答時間は約20分前後と少し長いですが直感的に答えて見てください。
簡易版も存在するのですが、個人的には正確な診断結果がわかる公式版を実施していただきたい。どうしても面倒だという方はググってみてください。すぐ出てきます。
ちなみに私が以前実施した時は「ISFJ (A) 擁護者」タイプでした。(A)は(T)も存在し、確かストレス耐性に対する結果ですが、まずはアルファベット4文字の自身のタイプを意識してください。
以前実施したと申し上げましたが、そう、変わります。短いスパンで変化することは少ないです。しかし、時と共に関わる人など周囲の環境も変化すると、それに伴い考え方も変化しますので。
さらに友人Mさんからは、診断結果からタイプごとにアドバイスが書かれた個人シートを生成する、エクセルのマクロで自作したファイルもいただきました。
これが本当にすごいのですが、本人の許可なく公開はできませんので、悪しからず。。。

フィードバックに関して深く勉強した有資格者ではないので、あまり下手なことは言えませんし、詳しい解説や使用方法のアドバイスは言えませんが1つ。
自身のタイプのアルファベット4文字と同じ文字数が多い相手ほど、近い性質であるため相性が良いです。逆に一文字も同じではないタイプが1つ存在するはずです。
自身の特性について理解したら、次にこのタイプの人について理解してください。自身とは真逆のこのタイプの人とは、想像に容易いかと思いますが対立します。
ここで他者を肯定するために、自身とは真逆のタイプの人を理解することは非常に重要であると思います。

最後に、
このツールは、一人で心理テストとして実施して満足するだけでは全く意味がありません。自身を理解し、他者を理解し肯定的に捉える努力をすることで様々な場面で役立てるものです。

偉そうにここまでお話してしまいましたが、最後までお読みいただいた方ありがとうございました、
これをきっかけに、自己理解を深めたり、MBTIツールの導入を考えてより良いビジネスにお役立ていただければ幸いです。
絶対面白いから自社にも本格的に導入したい。。。

それでは今回は、このへんで。
今日も1日楽しく頑張りましょう!ほいじゃーねー!