Splunkぱんだの雑記帳

技術ネタ、備忘録、その他雑記。ぼちぼち更新していきたいと思います。

情報収集について

どうも、さとしちゃんです。
もうだいぶ、暖かくなってきましたね。地球温暖化。深刻な問題です。ほんと。
私自身、かなり暑がりの汗かきなので、エコな配慮を心がけなければなりません。
本日はですね、gitのおさらいの続きをしようかと思っていたのですが…
ふと『情報収集って大変だな〜』と思ったので、そのお話をしようと思います。
(ちなみに、やっと重い腰をあげてMarkdown記法にChallengeしてます。)

情報収集

とても漠然とした見出しで話し始めてしまいましたが、皆さんは日頃どんな情報にどこで、どのように触れていますか?
本日は、お仕事に関係する情報収集について自身の日頃の行動を振り返りつつ、記事にしていきたいと思います。
私の場合、一応エンジニアなので技術、ICTテクノロジーにまつわる情報が非常に大切です。
そこでざっくり「技術」と「技術以外のニュース」に分けて話していきたいと思います。

技術以外

まず、皆さんにも関係ありそうな「技術以外のニュース」について。
これは私の場合、「日本経済新聞電子版」のみです。電子版です。紙は購読を辞めました。
きっかけは、同じような方も多いとは思いますが、新卒で入社した会社の新入社員研修で読んだ方が良いと言われたからです。
ちなみに、「富士通ラーニングメディア(FLM)」による約半年分のカリキュラムを3ヶ月で修了するという研修でした。決して回し者では無いですが、非常に質の良い研修でした。
最初は真面目に紙面と電子版セットのプランで購読していたのですが、すぐに紙面は読まなくなりました。
なぜなら、通勤電車でスマホタブレットで読むことが圧倒的に多く、しかも読みやすい上に便利だからです。新聞は溜まって邪魔ですし。掃除等使い道は無いわけでは無いのですが。
日経電子版は、朝刊・夕刊はもちろん地方記事の全て(紙面は配達地域の地方のみ)に加え、電子版のみで配信される記事も読むことができます。
そしてなにより、「Smart News」や「グノシー」を利用している人も多いのでお分かりかと思いますが、非常に便利で場所を選びません。もちろん検索機能も使えますし、クリップや共有も容易です。
私は、学生時代は「Smart News」を愛用していましたが、娯楽的な記事の誘惑が多いんですよね。やはり、日経購読者は口を揃えて言いますが、日経新聞記事の質が良く、情報量が多いです!

読み方ですが、基本「一通りザッピングして、その中で気になった記事のみ読む」です。全てを読む必要は無いと私は思ってます。というか、時間がかかりすぎる。タイミングは「通勤・昼休み・帰り」です。トータル1~1.5時間程でしょうか。必要であれば、都度クリップしたり、「Twitter」「Facebook」「Eight(ビジネスSNSの一種)」「個人宛」にシェアしてます。と同時に、「Eight」「LinkedIn」でシェアされている記事も必要を感じればチェックします。
やはりいくらエンジニアとはいえ、どんな業界にも「IT」が利用され、利用されているところにはITの仕事があります。どこにビジネスチャンスがあるかわかりませんし、転職する際にも役立つので日常的に触れていて損は無い情報ですね。

技術(ICT)の情報

さて、お仕事に直結してくる技術に関する情報についてです。
ビジネスの場で、「今朝の日経で出てた…」という会話が発生する頻度以上に、エンジニア同士や技術に詳しいエンジニア出身のお客さんとは「技術」の話しがよく出ます。アグレッシブなお客さんの場合、「最新技術」の話題が!
場合によっては、これが直接お仕事もらえるか否かに関わってくることも珍しく無いと思います。
そして、私が思うにこの情報収集に答えはないと思っていて、人ぞれぞれ様々な方法を取っていると思います。
例えばTwitter本当にこれはバカにできません。業界の有名人が非常に有益な情報をポロっとつぶやいてたりします。自分も業界人やベンダーのアカウントをフォローしてたりしますが、SNSの確認頻度が私自身非常に低いものでして、良い情報があればどなたかダイレクトにシェアしていただきたいものです。
お次は「SlackFlickr創立者でもあるStewart Butterfield氏と彼の会社「Tiny Speck」のチームがリリースしたビジネスコミュニケーションツールですね。まだリリースからそう経ってないにも関わらず「日本は世界第3位の市場規模となっており、東京でのSlackの週間アクティブユーザー数は33万人にも登る」ということで、使用している企業も多いのではないでしょうか。
このツール自体の目的が「コミュニケーション」であることもあり、非常に情報共有に長けています。詳しくはまた、Slackに関する記事を書こうと思います。
以上に加え、業界ごとにその業界の情報を専門に発信しているサイトと言うものがあります。これは、ググるとまとめてあるサイトが良く出てきますね。(←他人に丸投げ)そう、「新人エンジニアが見るべきサイト一覧」的なやつです。まぁこれは、有名どころや定番は決まっていますので、端折らせていただきます。自分はいくつかFeedlyを使用してチェックしてるくらいですね。いわゆるRSSリーダーです。
そして、ちょっと番外編ですが書籍です。私自身、本が好きなのですが最近はあまり書籍から情報収集を行うと言うことができてません…見るとしたら資格のテキストくらい…
書籍もエンジニアの専門によって、定番書籍等が存在するので、これもググってみてくださいね。(←眠くなってきて相当、雑。)

最後に

あまりお役に立てることは書けなかったかもしれません。自分自身まだまだ若輩で、自分のスタイルを確立できていないため。
ですので、是非コメントで皆さまの情報収集テクニックやオススメのサイト・書籍等をご紹介いただければと思います。(←実はこれが本記事の本当の目的だったり…)

最後までお読みいただいた方、ありがとうござました。
最後に、おまけということで私の良くチェックする、お気に入りのサイトをご紹介して終わりたいと思います。

是非、チェックしてみてください。気になる記事が見つかりますように!↑
質問等ございましたら、気軽にコメントいただけると嬉しいです。
それでは、ほいじゃまたねー!